コレクターズエディション

@ゲーム

 作りたいんだけど、飽きる速度のほうが早くて何とも・・・。最近はTCGのルールばっかり大量に生み出しては積むという、賽の河原の真似事をしています。



@ちかごろのわたし

 久しぶりにパックを買ってきて開けるなどしました。
あんまり詳しくないので封入率やレアリティがどうとかはなんとも言えないんですが、やっぱりなんだか偏っているような気がしませんか?ぼくのところはベアとウルフばっかり来すぎでした。 2パックしか開封してないのに5枚も入っていました。それはそれで美味しいんですが、ぼくが欲しかったのはペンギンなんだ・・・。なんで1枚も来ないんだ・・・。

 みんな一般的には、目当てのやつ引くのに何パックぐらい買ってるんでしょう。箱買いするほうが安定するのかな・・・? ペンギンだけほしいならもう単品で買えよ、と言われてしまいそうですが、やはり、ランダムに入っているパックから出るのがうれしいみたいなところもあるから、譲れないんですよね。



 それに、そもそも、たべっこどうぶつを1枚単位で売ってるの見たことないし・・・

シャイニングドロー

InternetExplorerからブログにログインすれば、ちゃんと過去記事の編集画面が使えることが判明したので、無事、お返事記事ぜんぶに、「Web拍手お返事」のタグをつけてきました。他のタグについては、今後から気をつけてつけるとして、過去の分はまたそのうち・・・。
こんばんは。



小学生の頃に作っていたカードゲームが出てきました。詳細は全然覚えてないんですけれど、中学生の頃は作ってないし、高校生の頃ならもうちょっと絵が上手いはずだし、紙の切りかたが雑なので、多分小学生の頃です。

tcg.jpg
▲一見無作為に見えて、書かれた個人名とか内輪ネタとかを隠すを巧妙な配置

 こういうのやったことある方はほかにもいらっしゃるのではないでしょうか。ぼくのこれはルールがよく分からないのですが、カードは自作なのにサイコロを使う要素があったようです。作っただけで、実際に遊んだことがあるのかどうかは覚えていません。だいたいのカードゲームは3ターンも動けなかったらもう勝負がついてしまうでしょうし、多分これはノーマルトラップが相当強いはず。

 字間違えたんだったらちゃんと消しゴムを使いなさいとか、カウンター!に描いてある、なんのひねりもない、恐らくただハンマーで殴るだけしかできないであろう謎のロボいいなとか、ぬり薬、名前の枠に「よみがえれ」って書いて消した跡があるし、よく見るとラベルに「OUT」って書いてあるように見えるんですけど、法律上アウトな薬ということなのでは、とか。色々思うところはありますし、小学生の頃の自分を笑うのもあれですが、なんというか、面白いですね。

もっとこう、煉獄龍神皇ダークカオティックドラグーンカイザー!!みたいなの書いてたかと思いましたが、意外とコンパクトにまとまった、「カードゲームのカード」感のあるものが多くて、やや物足りなさすら覚えます。小学生なんだからもっとはっちゃければよかったのに。むしろ今になって煉獄龍神皇ダークカオティックドラグーンカイザーとか即興で出てくるのもどうなんだろう。
このモンスターは墓地のドラゴンの数×300だけ攻撃力がアップする!あと飛行とトランプル!!ゆけ、ドラゴニック邪炎獄門剣!・・・やめよう、現在進行形で恥ずかしいことを書くのはやめよう。



というわけで、「こんなの見つけた!」っていうだけで勢い任せに適当に書いた記事でした。ここまで読んでくださった皆様におかれましては、意味が分からないとか、文章ぐちゃぐちゃすぎるだろ読みにくいわ!とか、仰りたいことも色々あるかもしれませんが、ぼくこと魔ggyは魔導のプライドの効果によって明日まで無敵なので何を言っても無駄です。

#ffffff雪姫

#ff0000ずきんちゃん

こんばんは。



@TCG

Artlet2Dがめっちゃ便利なことに気づきました。
画像の透過色そのまま扱えるし、文字列の中央揃えとか右寄せとか改行とかも
自動でやってくれるし、なんで今まで使ってなかったのだろうという感じです。
ただ、これ、従来通り大きな仮想イメージにカード絵を並べて読み込むほうがいいのか、
それともカード絵一枚ごとに仮想イメージ一つ作っちゃうほうがいいのか、
そこらへんがよくわかんないのですが、どうなのでしょう?どっちでもいいのかな?
調べても書いてなかったので、それぞれのパターンを試すところからになりそうです。

ネガネガしい

後衛のピグミィに竜の盾を張って、その直後に黄昏の風ではがすという
斜め上のプレイングを見せるトキタかっこいい。
こんばんは。


@TCG



「ウーパー・トルーパー」(青)(青)(1)
アタック 2P
海陣 Lv2


こんなかんじのデザインでいきますことにしました。

@WWA

ネガトピアの体験版を先日公開しようと思っていたのですが、
それ用にしようと触ってるうちになんかしっちゃかめっちゃかになってきたので
ちょっとお待ちください。ごめんなさい。

ところで
完成版の公開に二の足を踏んでいる原因というのが
実質裏シナリオというか、トゥルーエンド的なもののほうなのです。
なので、そこだけ切ってとりあえず完成としてしまって、あとで完全版として
裏シナリオ付け加えて出すっていうのもアリかなあなんて思いも無くは無いのです。
が、なんか心構えとして反則臭い感じはしますよね。どうなんでしょう。




★Web拍手お返事

テラーズダンジョン遊ばせていただきました。
 序盤は日数制限に怯えながら、30日じゃクリアできる気がしないと思って進めたので、
 タイムマイマイを見つけたときの安堵感はすさまじかったです。
 その後、二周目でやっと森の黒い鍵の場所に気づき、三周目でグッドエンドを迎えられました。
 ここまでWWAに夢中になったのは久しぶりです。面白い作品をありがとうございました。
 ところで、ナースちゃんが可愛いので一人くらいもらってもいいですか?


プレイありがとうございます!
初見の難易度こそちょっと高めですが、タイマイはじめ、各キャラの場所を把握するにつれ
攻略手順を考える楽しみも増えるような、WWAらしいものを、と考えて作ったゲームでした。
楽しんでいただけたようで幸いです・・・!
<なーす!


・・・ちなみに、
亀で日数延長をしなくても、黒い鍵さえ集めなければ
「魔女と騎士を倒して塔の最上階まで行く」のは30日以内で可能なようです。
ぼくがやったときは装備が弱くて雪だるまに勝てなかったんですけど、
これ、もっとうまくやれば勝てるのでしょうか。

意図してなかったことなので、ゲームバランス的に不可能なのかもしれないのですが、
もしもできたよという方がいらっしゃれば是非ご一報ください。

命を盾に死を喰らう

きょうは、ほんとうはWWAの話しようと思ってたんですけれど、
それに伴う作業が思いのほかうまくいかなかったので明日にします。
こんばんは。というわけで・・・



@TCG


裏で色々考えなおしたり、いじったりしていたのですが
やっぱり、描きためていた絵はボツにして、新しいので統一することにしました。
で、良い機会なので、ゲーム内で表示される絵のサイズも大きく。
この画像のカードと同じ絵なんですが、大きいほうがなんとなーく
見栄えがいいような気がしませんか?しませんか。それはまあどっちでもいいんですが。

カードとして表示されるモノを絵だけにしてしまって、
効果とか、そういう情報的なものはぜんぶ別枠に表示する仕様にすることによって
色々スッキリしそうです。
オプション設定で、絵はオフにして情報枠しか表示されないようにするとかもできたら便利かも。

ぼくとミルキーウェイ



《卵皇テンペラー》(黄)(黄)(1)/6HP

ユニット-アンノウン(媒獣)

「ハンマー」:前後のユニット1体に、2の物理DMGを与える。

「威圧」:隣接するユニット1体をパッシベート。

「+水属性無効」 :このカードを召喚コストとして支払った場合、その召喚ユニットは「水属性無効」を得る。

---

「水属性無効」:水属性のカードによる効果およびダメージを受けない。

---



いちいちカード枠にはめて公開するのは、絵もちっちゃくなってしまうし
まだ実装予定のないカードをその時だけ表示するよう設定するのが面倒なので
やめにすることにしました。こんばんは。

卵皇テンペラー。見た目も効果も、モチーフはそのまま卵黄テンペラ+エンペラーです。
標準的なHPと攻撃力・範囲、使いやすいスキル「威圧」を持っているのですが
このカードの真髄はやはり「+水属性無効」。このカードをコストとして支払うと
それで出てきたユニットが水のカードに強くなります。
なので、そのまま召喚するより、パレットに乗せちゃうほうが使いやすいでしょうか。

「媒獣」は各色に存在し、それぞれコストに使うことで、召喚されるユニットに
それっぽい効果を付加することができる面白ユニットです。
たとえば、このテンペラーは黄色のカードですが、パレットから(1)として支払う場合は
色は関係ないので、そうして使う前提ならばべつにどんな色のデッキにも入ります。
水色のデッキへの対抗手段として忍ばせるのも面白そうですね。

水色はあんまり、場の相手のカードを対象にする効果は持ってないんだけどな!!



余談ですが、昔やってた「音楽ファンタジーゆめ」って番組で
黄色い丸いキャラが、よく分からないなにかからひたすら逃げるCGアニメがあって
描きながらそれを思い出したせいで、なんとなく顔がそれにパク……もとい似ています。

調べたら「パリのアメリカ人」って曲の回だったようなのですが
当時のぼくはそれを見て、あまりの不条理さと意味不明さがトラウマになりました。

虚無僧無双

コミュ障と虚無僧は似ているけれど、
虚無僧のやる托鉢って、コミュ障のそれとは真逆をいく行為ですよね
こんばんは。



@TCG





《スィーピィ・メロウ》 (紫)(1) / 5HP

「格闘」:左右のユニット1体に、2の物理DMGを与える。
「メロウウォーク」:同パネルは「ノーマル」になる。





《パネルスイーパー》 (緑)(1) / 4HP

「フリップ」:ナナメ1マスのユニットに、2の物理DMGを与える。
「スイープ」:コスト(1) 任意の1パネルを「ノーマル」にする。




パネル属性を消す2体。色のほか、微妙に仕様が異なるので、デッキの傾向や好みに合わせて
使い分けられるといいかなーっていう感じです。
歩き回るだけで、ノーコストでノーマルパネルを量産できるメロウに対し
スイーパーはコストがやや重いかわり、範囲が指定されていないため
メロウではどうやっても届かない遠い場所や、他のユニットが陣取っているパネルを
消すことができる点で優れます。
《りすポン》が乗ってる聖域系パネルとかを消すのに重宝するでしょうか。
メロウもメロウで、相手がばら撒いた海や森を消して、召喚陣を発動させづらくすることができます。

べつにこれらを必ず採用しないといけないわけではないんだけど、
枠に迷ったり、色や種族間のシナジーを追求しようとする場合には、
選択肢の筆頭に上がるであろうカードです。