虚無

中盤一体だけ出てくる「語り部」という雑魚敵を倒すと、以後の物語で地の文が一切表示されなくなるRPGはどうだろう?
関連記事

原義のライフハック

すごいこと考えたんですけど、今日の今、明日のある特定の時間について想像するじゃないですか。
明日のその時間を時間Aとします。想像というか、気持ちとしては既に起こったことのように、「あったことを思い出している」ぐらいの感覚で思い描くんです。この、今日想像に費やしている時間帯のことは時間Bとしましょう。

で、A、つまり明日のその時間帯になったら、時間帯Bについて回想するんですよ。
時間Bを想像する時間A⇔時間Aを想像する時間B
という風になりますね。



あとは死ぬ間際の走馬燈のなかに、運よくこのどちらの時間かが含まれさえすれば、そこで無限ループが発生すると思うんです。世界(応答なし)みたいになってあわよくば死が永遠に先延ばしにされると思うのですが、どうでしょうか?
関連記事

ヒナチェス考

きょうはわんぱくパンダ歴における雛祭りですね。こんばんは。
お内裏様がキングでおひな様がクイーンです。そういう風に雛人形に動き方を設定すれば、雛段を向かい合わせてチェスみたいな遊びができるかもしれない、ということをずっと考えていたんですが、これってもしかすると本当にとても面白いのではないでしょうか。

ボードである雛段が階段状になっているというところがミソで、登る方向に進む場合は足腰にくるから移動力が半減するんですよ。常に中央が激戦区になるので面白そうです。
お互いに、真ん中までは勢いに任せて降りられるんだけど、そこから登らなくちゃいけないから、相手陣地内に攻め込むのには戦略が必要になるんですよ。三人官女とか、上段にいる駒ほど動きが強力なんですが、あまり序盤からこちらの駒を全部前線に下ろしてしまうと、普通の将棋以上に攻め込まれたときの守りが手薄になるんです。

そういう感じです。何がかは分かりませんが、そういう感じなので、よろしくお願いします。
関連記事

蛇の道は辺鄙

家のそばに大きいへびがいました!かっわいい。にょろにょろでした。あまり近寄れなかったので詳しくは観察できなかったのですが、体長は1m前後くらいで、シマヘビかアオダイショウかどっちかな・・・という感じでした。へびちゃんかわいい。へび好き。



@ゲームとか

完全になにもしたくないフェイズです。こうなるとここから突発的に変なルールのTCGかローグライクゲーを思いつき、「これならシンプルだからすぐつくれるわ!!」とキャライラストを何枚か書いた挙句面倒になって投げ出し、流れで元々作ってた物に帰る・・・という手順を辿ることになると思います。もう何回も繰り返しているから知っているんだ。
関連記事

リターンマッチ

「目には冥王、歯には覇王」
「オーバーキル」
関連記事

肯定may die

 「時間だ、お前の命もらいにきたぞ」

 「うわあ死神だ」

 「違う!!!」

 「えっ?」

 「いっつもなんか食べてる神がいたらなんて名前だと思う?」

 「そりゃあ、食べ神かなあ」

 「だろうな。じゃあ、なにかにつけて暴れる神は?」

 「暴れ神」

 「眠ってばかりいる神は?」

 「眠り神」

 「すぐに死ぬ神は?」

 「・・・死に神」

 「じゃあ、死をつかさどり、寿命を迎えた魂を刈り取り、あの世に連れてゆく神は?」

 「・・・・・死に神?」

 「おかしいだろ!!なんでこっちが死ぬ方みたいになってるんだよ、ちゃんと死なせ神って呼べ!!!」

 「でも死なせ神だとなんかちとせ飴みたいで縁起が良い感じになりますよ」

 「それはお前の言い方ひとつだろ!!!」

 「くつわむしみたいでもある」

 「ないわ!!死ね!!!」

 「死んでいるんです」
関連記事

五月の夢日記

今年に入ってから毎日つけている夢日記、5/1~5/31分です。一ヶ月分書き溜めてはまとめて記事にしているんですが、もう普段のブログ更新率が落ちまくっているわけですし、更新しないくらいならばいっそ普通にこれを毎日投稿するほうがましなのではないか・・・。


続きを読む からどうぞ。
関連記事

続きを読む