問答無用

二つの門があった。天国の門と地獄の門らしいのだが、どちらがどちらなのか分からない。
門の前にはそれぞれ一人ずつ番人がいて、彼らのうち片方は本当のことだけを言い、もう片方は嘘だけを言うのだという。

いずれかの番人に一度だけ質問することができる。何と訊けば、天国の門がわかるだろうか?




ぼく「あの、すみませんこんにちは、ちょっとお尋ねしたいのですが・・・」

番人「こんにちはでインフェルノ。何か御用ですかでインフェルノ?」

ぼく「こっち地獄だわ」
関連記事