レンダリング

「おいふざけるな、なんで、そんな押さないといけないんだ!」

コンビニで、ぼくがレジに並んでいると、前方で支払いをしていたおじいさんが声を荒げました。

「そういう決まりになっていまして・・・。押していただけないと、お酒は売れないんです」

店員さんも困惑しています。このシステムが導入されてからもう随分経つのに、年齢確認で怒る人というのはまだいるんだなあ・・・。
そんな風に考えていると、彼はとうとう怒り出し、何も買わずに帰ってしまいました。

ぼくの番になり、ぼくが支払いを済ませようとしていると、店員さんが気まずそうに、すみません、年齢確認なんですが・・・と切り出しました。あんなに怒らなくてもいいよな、と店員さんを気の毒に思い、快く返事をすると、彼の顔がぱあっと明るくなり、言いました。

「ではこちらのタッチパネルを、歳の数だけ押してください」
関連記事