合わせ鏡の呪い

心霊写真ってあるじゃないですか。怖いモノとして価値を高めるべく、常套句として、「写真自体にも霊力がある」「持っているだけでも危険」などと言われることがよくあります。「心霊写真」そのものもまた霊の仲間、化け物に片足を突っ込んだ存在であるといえるかもしれません。

では、その「心霊写真」を机に置いて、それを写真に撮るとどうなるんでしょう?写真自体がそれが幽霊の力を帯びているというのなら、さらにそれを撮ったいわば「心霊写真写真」も、霊を撮ったときとおなじように霊的な何らかが宿ると思うのです。「心霊写真写真」そのものもまた霊の仲間、化け物に片足を突っ込んだ存在であるといえるかもしれません。

では、その「心霊写真写真」を机に置いて、それを写真




あの、書いていてもう面倒になってきたのですが、ぼくが何を言いたいかはもうお判りかと思うので、つまりはそういうことです。よろしくお願いします。
関連記事