地球にやさしい

白い猫がいる!と思って、ニャーンって話しかけていたんですが、なにか妙なんです。

よく見たら猫じゃなくて、ビニール袋だったんですよね・・・。よく聞く話ですが、まさか自分がやるとは思っていなかったので恥ずかしかったです。



こういうのって、周りにいる人たちが笑ってくれればまだ救いがあるんですが、誰も何も言ってくれないわけですよ。なんだよ都会は冷たいな・・・と思って立ち上がろうとしたんですが、妙なんです。

よく見たら、周りにると思っていたものは皆人じゃなくて、ビニール袋だったんですよね・・・。よく聞く話ですが、まさか自分がやるとは思っていなかったので恥ずかしかったです。



それでここまでくると、もう、ネタにしないともったいないなと思って、友人と電話をしているときにこの話題を出したんですよ。でも全然反応してくれなかったんです。なんだ面白くなかったかと思ったんですが、妙なんです。

よく見たら、電話の相手は友人じゃなくて、ビニール袋だったんですよね・・・。画面にビニール袋(通話中)と表示されていました。履歴にも電話帳にもビニール袋の番号が残っていて、恥ずかしかったです。



もういい加減嫌になってきて、帰ろうと思って駅のホームで列に並んでいたんですが、また妙なんです。とっくに電車は来ていて、乗客も降りてきているのに、前の人たちは乗りこまないどころか全然動かないんですよ。

なんなんだこの人たちは、スマホ見てて気づいてないのかな?と思ったんですが、よく見たら、彼らが見てるのはスマホじゃなくて、ビニール袋だったんですよね・・・。

あと来たと思っていたのも電車じゃなくてビニール袋だったんですよね・・・。降りてきた人たち何なんだよ・・・。





だけどまあ、こんな日もあるんですよ。日々生きていたら、全部がビニール袋になる日だって、ないとは言えませんからね。もう今日はそういう日だったんだとあきらめて、さっき夕食を買いにスーパーに出かけたんですが、レジをたって、買ったものの入ったビニール袋を持って帰ろうとしたら、妙なんです。

なんだかふわふわしているし、暖かいし、ニャーニャーいう声がするんですよ。周りにいる人たちも、こっちを見てクスクス笑っているんです。

それで、えっこれはまさか?と思いながら歩いていたら、昼に電話したかった友人とばったり会いまして。お前それ何持ってんの?なんて聞いてくるわけですよ。ぼくとしてはビニール袋を持っているつもりでしたが、今日一日のことがあるし、その時もまだニャーニャーという鳴き声も止まないでいるわけです。

それでよく見たら、ぼくが持っていたのはビニール袋じゃなくて、







電車だったんですよね・・・。
関連記事