騒々力豊か

セミの幼虫って自分がセミの幼虫だということを知っているのかな・・・。

「なんか外ではうるさい虫が鳴いているなあ、迷惑だな」

とか毎年思ってたのに、地上に出て羽化してみたら自分がその虫だったことに気づいて、絶望したりするんじゃないか。セミが鳴くのは求愛のためだと言われていますが、本当にそれだけなのかな・・・。悲しさゆえのものではないとなぜ言い切れるのか。なぜ泣いているのかなんて本人にしかわからないのに、勝手に推し量り、あげく生態という枠にはめこんで、見て見ぬふりをしているのではないのか、我々人間は・・・。



(※今年の夏は、セミについて書こうとしたことが何度かあったのですが、そのうちちょっとずつ書けばいいやと思って放置していました。ですが涼しくなってきて、夏が終わるのではないかと危機感を覚えたので、今日からしばらくセミ強化週間です。)

関連記事